YOS G-specの適当なブログ
ゲームやネットが大好きな人のブログ。毎日更新を目指してました。
2016年06月21日 (火) 02:31 | 編集
買いました。
討鬼伝2のためにも。
2016年06月12日 (日) 07:30 | 編集
Commonlispで複素数を扱えること知って解の公式書いてみたり、Clojureでもじゃんけん書いてみたり。
じゃんけんは結構適当な作りしてるけど、再帰覚えたので書き方はなかなか変わっているように感じる。

;解の公式.lisp
(defun kai(a b c)
(let ((D (sqrt(- (expt b 2) (* 4 a c)))))
`(
,(/ (+ b D) (* 2 a))
,(/ (- b D) (* 2 a)))))

(princ
(apply 'kai
(read-from-string
(format nil "(~a)" (read-line)))))


;じゃんけん.clj
(defn hand[x]
(case x
0 "グー"
1 "チョキ"
2 "パー"
"*$%#!!"))

(defn jan[]
(println "じゃんけーん...")
(let [
cp (rand-int 3)
cq (rand-int 3)
me (read-string(read-line))]

(println(apply str [(hand me) " VS " (hand cp) " VS " (hand cq) " "
(cond
(< 2 me)(do
"ちゃんと出してね" )
(or
(or(= me cp cq))
(and(not= me cp)(not= cp cq)))
"あいこ"
(or(= (inc me) cp)(= (inc me) cq))
"勝ち"
:else
"負け")]))
(jan)))

(jan)
2016年06月02日 (木) 21:11 | 編集
とりあえず、FizzBuzz。

C:\ > emacs --script

(defun FizzBuzz(i FB)
(if(<= i 100)
(FizzBuzz(1+ i)
(concat FB
(if(and(=(mod i 5)0)(=(mod i 3)0))
"Fizz Buzz\n"
(if(=(mod i 5)0)
"Fizz\n"
(if(=(mod i 3)0)
"Buzz\n"
(format "%d\n" i)
)))))
FB))

(princ(FizzBuzz 1 ""))
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .