カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

YOS G-spec

ハンドルネーム:YOS G-spec
もう一つの名:んらとらん
性別:男
生息地:千葉県
職業:社会人3年生

好きなゲームシリーズ
・ロックマン全般
・モンスターハンター
・討鬼伝
・太鼓の達人
・ドラムマニア
・モンスターファーム
・サルゲッチュ
・チョロQ
・マリオカート
・DJMAX Potable
・リズム天国
・グランツーリスモ
・ポケットモンスター

【フレンドコードまとめ】
【所持ゲーム表】

なんか色々と適当で中途半端な人です。

ついったー(気まぐれ更新)
ついろぐ(ついったーまとめログ)
ギガスペックツール
ギガスペックチャット
過去の産物

メール
スカイプID:yos_g-spec

新太鼓番:3348-9507-7550
3DSフレンドコード:1289-8444-6710
とび森夢番地:3500-0140-1697



最近の記事

最近のコメント

  • 01/01:YOS G-spec

  • 12/17:ばぜるこあ

  • 01/04:YOS G-spec

  • 11/15:暇神

  • 12/06:YOS G-spec

  • 12/05:くま☆

  • 08/22:YOS G-spec

カテゴリー

続・XorShift

【Qiita記事】
【XorShift128 on 8languages】

メンテナンスとかもちょいちょいやって、オンラインコンパイラのURL付けたりしました。
詳細はQiita記事の下の方参照。

あとは、XorShift128+の実装。
こちらはJSで試したところ不可能といった無念な結果に…
JSでできないならやる意味無いよねと言うことで続ける意思はほぼ無いです。
こっちもQiitaにずらずら書いたのでとりあえず。
【Qiita: JavaScriptにXorShift128+を移植してみたかった】

XorShift128を8言語で!

ここ最近、XorShiftという疑似乱数の実装を行っていました。
この意図としては、基本的に言語や実装ごとにシード値やアルゴリズムが異なるため、複数の環境で同じ乱数が生成できたら面白そうかなぁと思って作り始めました。

それで、ある程度の目処がついたのでQiitaに投稿したり、Githubにモジュール化して置いておきました。
と言うところでここ一週間くらいの近況。
一番最初のきっかけとしてはPaizaに疑似乱数アルゴリズムを実装する問題があったことから。
そもそものアルゴリズム以外にも処理系の整数の扱い、シャッフル(Fisher–Yates shuffle)アルゴリズム、モジュール、クラス、ジェネレータなど色々勉強することがあったので面白かったなぁと思う。

これの上位アルゴリズムとしてXorShift128+という64bit整数版(XorShiftは32bit)があるらしいので、これについてもJSその他で実装できるのか試してみたいと。JSとHSPあたりは64bit整数対応してないっぽいので行けるのかどうか心配。

【Qiita記事】
【XorShift128 on 8languages】

PRINT "A HAPPY NEW YEAR! 2017!"

新年
あけまして
 おめでとう
  ございます。

今年もこのブログとYOS G-specをよろしくお願いします。
今年はもう少し更新回数を増やせたらいいかなーと思います。

余り書けることもなさそうなので以上ということで。

| TOP |